貧困に苦しむ子どもたちに向けた社会福祉のため、2015年3月21日、Navigos Searchは、ラオカイ省サパのタヴァン村にあるタヴァン第二寄宿学校へのチャリティーツアーを実施した。学校には250人を超える11~14歳の生徒がおり、

うち200人が寄宿生である。その寄宿生の大半がDay、H’Mong、Dao族で、食料、生活必需品と学習用具が非常に不足している状態で勉強している。

ハノイリージョナルディレクター

のハー氏は、会社を代表して学校の担当者に寄付をした。生徒の学習環境と生活環境を良くするのに役立ててほしいという思いから、ノート、鉛筆やインスタントラーメンなどの必需品を寄付した。学校の生徒たちは、

多くの外国人観光客をも魅了する明るく陽気な曲と、

いくつかのダンスパフォーマンスで歓迎してくれた。