エン・ジャパン株式会社のグループ企業であるNavigos Group Vietnam(以下:ナビゴス)は韓国貿易協会Korea International Trade Association (以下:KITA)と業務提携を結び、2017年10月18日、両社間の調印式が行われた。

■業務提携の目的

「ベトナム・韓国両国の求人マーケットの更なる発展」を目指し業務提携を決定した両者。

特に、「韓国語が話せる求職者のベトナムでの雇用機会の支援」及び「ベトナムへ進出している韓国系企業への優秀人材の供給」を目的とし協力する。

韓国の経済発展を目指し人材の斡旋も行っているKITAと、ベトナム最大級の人材サービス会社であるナビゴスが協業することにより、両国の求人マーケットの活発化を図る。

■具体的には

・KITAからナビゴス側への支援

→韓国在住のベトナム人、及び韓国人の求職者をナビゴスへ斡旋。

・ナビゴスからKITA側への支援

→ベトナムにある韓国語話者募集の求人情報を、KITAへ提供。

加えて、ベトナム・韓国両国でジョブフェアを開催予定。

ナビゴスは同社の求職者データベースを活用し、求職者及び出展者の来場を募る。

■背景

・ベトナムへ進出している外資系企業のうち、最も割合を占めているのが韓国系企業

→ベトナム国内に韓国語話者の就職先がある。

・韓国国内では、特に若手層の就職先が減少しており、就職難になりつつある

→国外での就職先を探している求職者が増えてきている。

■代表者コメント

調印式にて、ナビゴス社CEO越前谷学は「ベトナムに進出している外資系企業の中で最も大きな割合を占めているのが韓国企業(2016年末以来)。韓国企業はベトナムに多くの雇用機会と、そこで働く方々のキャリアアップのチャンスを創造してくれている。今回の提携がナビゴス・KITA間だけでなく、両国間にとって価値あるものとなることを強く信じている。」と語った。